50代での「vio脱毛」、人気急上昇の理由


50代でvio脱毛が人気になっている理由は、
白髪にはレーザーが反応しないので白髪が生えてきたら
永久脱毛の一般的手段であるレーザーによる脱毛が出来なくなるからです。
つまり、レーザー脱毛出来なくなるまえに
受けてしまおうと考える人が多い
んです。

「vio脱毛」をしてしまえば、アンダーヘアの心配なく
水着や下着のおしゃれも楽しめるようになりますし、
なにより自分も快適。

もちろん、将来自分が介護を受けることを考えて今のうちに...
と、いわゆる介護脱毛を考える人も増えています。

「でも、レーザー脱毛が出来ないっていうことは、
白髪が少しでも生えてきてしまったらもう脱毛出来ないの?

と考えたあなた。

「せっかく決心がついたのに、そんなのってない」
「決心するのが遅すぎたの?」と思ってしまいますよね。


 でも、待って下さい。レーザー脱毛以外の方法はあるんです。

白髪があっても可能な方法|おすすめの方法

レーザー脱毛の仕組みは、メラニン色素にレーザー反応させるため、
色素のない白髪にはレーザーが反応せず、レーザーでは脱毛ができません。

ただ、この場合でも、白髪でも施術可能な
「ニードル脱毛」と「蓄熱式脱毛(SHR脱毛)」というのがあるんです。

ただ、「ニードル脱毛」はもっとも即効性のある方法ですが、
レーザー以上の痛みを伴います。また、「蓄熱式脱毛」は
まだまだ施術してくれる施設が少ないというのがデメリット。

なので私のおすすめは、まず、「蓄熱式脱毛」を施術してくれるところが
近くにあるというラッキーなあなたにはそちらをおすすめします。

でもそうでないあなたには、まだ完全に白髪にならないうちに
黒い毛を医療レーザーで処理してしまって、残りの白い毛を
「ニードル脱毛」か「蓄熱式脱毛」で処理することをお奨めします。

つまり、まだ白髪が出来るだけ少ない今のうちに決断することをおススメします

vio脱毛にかかる費用は?



【ただいま工事中です。しばらくお待ちください】